出会い

妊活で仕事と両立のコツは?

婚活を終えてめでたくご結婚をされ、新たな門出をされる訳ですが、次に待っている活動は妊活です。
会社勤めをしている女性は、妊活から出産までの長期間を勤め先に理解して頂くための努力をしなくてはなりません。

妊活以前の問題として、今勤めている会社に結婚とそれに伴う休暇届けを提出しなければなりません。
それと同時に上司や同僚その他仕事上関係のある方々に、それとなく知らせておくのがいいと思います。
妊活の時点では、一般的な検査(尿検査・血液検査・血圧測定・心電図・胸部レントゲン (X線)、腎臓、肝臓機能検査、歯科検診)を受診する必要がありますので、この時は休暇を申請して、検査機器の完備した病院へ行ってください。
続いて婦人科の検診に入りますが、殆どの婦人科は予約制ですから、都合のいい時間ばかり取れるとは限りません。
勤務先に迷惑をかけることも出てくると思います。
そんな時は、先ず病院に仕事をしている旨を告げ、予約時間の変更などをお願いすることです。
次に会社の上司に通院予定日時を告知し、会社側の理解を得てください。
迷惑をかけるので休職するとか退職するなどの考えは持つ必要はありません。
勇気をもって申請してください。

やがて妊娠されると思いますが、それから先はもっと大変です。
妊活でつまずいていていては妊娠にまでこぎつけることはできないと思います。
職場の人に申し訳ないという気持ちが強すぎると逆に「マタハラ」に合ったりしますので、理解を得るための努力を積極的に行ってください。